岡山白陵中学校 岡山白陵高等学校

ホーム > 碧翠寮・茜寮 > 寮の概要

碧翠寮・茜寮

寮の概要

勉学の雰囲気と環境に恵まれた明るい生徒寮

冷暖房完備の生徒寮では、毎日の生活が快適かつ規則正しく行われ、寮生は、学業の修得と独立心・協調性・社会性の涵養を目指して、たゆみない努力を続けています。寮生活を通じ自己の確立を目指す本校では、生活指導担当の専任寮監が昼夜を問わずきめ細かい指導を行うと共に、教員も定期的に各寮を訪問し、寮生の悩みごとの相談や学習の質問に応じるなど特に配慮しています。一方、寮生自ら、球技大会・七夕会・クリスマス会等を計画するなど、寮生の自主性を活かした活動も盛んです。

緑に囲まれた豊かな自然と、近代的な施設設備とが、見事に調和した最高の環境の中で、青春の一時期をお互いに切磋琢磨しながら目標に向かって邁進する岡山白陵での寮生活。それは、真の英才を育てる豊かな人間形成の場となるでしょう。

独立へのアプローチ

成長期における心身の発達は、そのおかれた環境によって大きく左右されます。親離れできない子供達、子離れできない親が多いと言われて久しい今の世にあって、学寮制度を持つ中高一貫校への進学は、いろいろな意味で親子、それぞれに不安を誘うことでしょう。しかし、子供の本当の将来を考えると、これほど時宜を得た集団生活へのアプローチはないと思われます。

過保護の時代といわれる昨今、親たちは子供を持て余しているとよく言われます。我こそは理想の育児をと子供への期待を膨らませるのですが、子供の成長と共に得てして「責任あるはずの自由」が「無秩序な放任主義」にと衣替えし、「慈愛溢れるはずの厳しさ」が「苛立ちの感情論」へと変貌するのを実感としてお持ちの方もおられると思います。そうした成長期のお子様をお預かりし、自立した共同生活の中で文字通り寝食を共にして青春を語らい、将来を夢見て邁進する場、それが岡山白陵の碧翠寮と茜寮なのです。もちろん、入寮することによって、全てが加速度的に見違えるようになるとは言えませんが、少なくとも親と子の間に距離をおくことによって、お互いが親離れ、子離れの時期を的確に捉え、一人立ちしていくことの実感に目を見張るようになることは間違いありません。

学校と寮との連携

寮生活を通じ自己の確立を目指す本校では、生活指導担当や悩み事相談に応じる専任寮監のほか、学年毎の寮担当教員等を配置し、快適かつ規則正しい日常生活の中で、学業の習得と徳性の涵養に努めることができるよう指導しています。そして、更に充実した寮生活が送れるように、寮生保護者会とのタイアップにより常に保護者の皆さんとのコミュニケーションを図るなど、寮生の指導に当たっては特に細心の注意をはらっています。

碧翠寮・茜寮について

施設と定員

碧翠寮(中高男子) 定員220名

茜寮(高校女子,一部中学女子)     定員48名

中学女子の茜寮入寮に関しては,遠隔地からの女子受験生へをご覧下さい。

寮室

1室  2名〜3名

備品 学習机、椅子、ベッド、クローゼット、本棚(茜寮のみ)

寮職員

碧翠寮   専任寮監  9名 寮監兼務教員 4名

茜 寮    専任寮監  2名 寮監兼務教員 2名

*教員も随時各寮を訪問し、寮生の学習及び生活の相談や指導に当たっています。

ページの先頭へ戻る