碧翠寮・茜寮

  • HOME
  • 碧翠寮・茜寮

寮の概要

勉学の雰囲気と環境に恵まれた明るい生徒寮

冷暖房完備の生徒寮では、毎日の生活が快適かつ規則正しく行われ、寮生は、学業の習得と独立心・協調性・社会性の涵養を目指して、たゆみない努力を続けています。寮生活を通じ自己の確立を目指す本校では、生活指導担当の専任寮監が昼夜を問わずきめ細かい指導を行うと共に、学校教員が兼務する兼任寮監も寮に宿泊し、寮生の悩みごとの相談や学習の質問に応じるなど特に配慮しています。一方、寮生自ら、球技大会・七夕会・クリスマス会等を計画するなど、寮生の自主性を活かした活動も盛んです。

緑に囲まれた豊かな自然と、近代的な施設設備とが、見事に調和した最高の環境の中で、青春の一時期をお互いに切磋琢磨しながら目標に向かって邁進する岡山白陵での寮生活。それは、真の英才を育てる豊かな人間形成の場となるでしょう。

独立へのアプローチ

成長期における心身の発達は、そのおかれた環境によって大きく左右されます。親離れできない子供達、子離れできない親が多いと言われて久しい今の世にあって、学寮制度を持つ中高一貫校への進学は、いろいろな意味で親子、それぞれに不安を誘うことでしょう。しかし、子供の本当の将来を考えると、これほど時宜を得た集団生活へのアプローチはないと思われます。

過保護の時代といわれる昨今、親たちは子供を持て余しているとよく言われます。我こそは理想の育児をと子供への期待を膨らませるのですが、子供の成長と共に得てして「責任あるはずの自由」が「無秩序な放任主義」にと衣替えし、「慈愛溢れるはずの厳しさ」が「苛立ちの感情論」へと変貌するのを実感としてお持ちの方もおられると思います。そうした成長期のお子様をお預かりし、自立した共同生活の中で文字通り寝食を共にして青春を語らい、将来を夢見て邁進する場、それが岡山白陵の碧翠寮と茜寮なのです。もちろん、入寮することによって、全てが加速度的に見違えるようになるとは言えませんが、少なくとも親と子の間に距離をおくことによって、お互いが親離れ、子離れの時期を的確に捉え、一人立ちしていくことの実感に目を見張るようになることは間違いありません。

学校と寮との連携

寮生活を通じ自己の確立を目指す本校では、生活指導担当や悩み事相談に応じる専任寮監のほか、学校教員が兼務する兼任寮監を配置し、快適かつ規則正しい日常生活の中で、学業の習得と徳性の涵養に努めることができるよう指導しています。そして、更に充実した寮生活が送れるように、寮生保護者会とのタイアップにより常に保護者の皆さんとのコミュニケーションを図るなど、寮生の指導に当たっては特に細心の注意をはらっています。

碧翠寮・茜寮について

施設と定員

碧翠寮(男子寮) 定員220名
茜 寮(女子寮) 定員48名

中学女子の茜寮入寮に関しては,遠隔地からの女子受験生へをご覧下さい。

寮 室

  • 1室:3名~4名
  • 備品:学習机、椅子、ベッド、クローゼット、本棚(茜寮のみ)

寮職員

寮監長 1名

碧翠寮 茜 寮
専任寮監 9名 専任寮監 2名
寮監兼務教員 7名 寮監兼務教員 3名
  • *教員も随時各寮を訪問し、寮生の学習及び生活の相談や指導に当たっています。

寮生活Q&A

生活に関して

親元から離れて一人でやっていけるかどうか心配です。

A

大学受験を目指して学習の習慣を身に付けさせ、一日も早く自立させようと、寮のある本校を志望される方が多いと思います。その点では、同級生や先輩、後輩に囲まれた集 団の中であれば、良い意味での競争や助言、指導に恵まれ、自然に自覚のある生活態度が身につきます。洗濯についても、全自動洗濯機と乾燥機が完備していますので、気分転換に楽しんでやっています。寮にはいつでも自由にお越しいただいて結構ですし、保護者懇談会や授業参観、担任との面談の日に、お子さんの部屋を訪ねられると、平素の生活状況がよく分かります。家庭へは寮監や担任が必要に応じ連絡をとっていますので、何らご心配はありません。ただ、入寮までに、身の廻りのことは自分でする習慣だけはつけておいてほしいと思います。
寮の日課について教えてください。

A

平日は、放課後から19時30分までは、入浴・夕食時以外は、休憩・自習・読書・洗濯をするなどの、自由な時間になっています。寮生の大半が,部活動に入部しており、多くの生徒達は18時頃帰寮します。日曜・休日は、夕方まで自由時間となっています。学習室で学習する生徒もいますし、外出をする生徒もいます。外出に関しては、行き先、帰寮時間を把握した上で許可しています。また、帰省に関しては、原則として月2回まで許可しています。

■ 日課表

平 日 日曜日・休日 休日(考査期間)
起  床  7:20 起  床  8:00 起  床  8:00
点  呼  7:25 点  呼  8:05 点  呼  8:05
清  掃  7:30~ 7:40 清  掃  8:10~8:30 清  掃  8:10~8:30
朝  食  7:40~ 8:20 朝  食  8:30~ 9:10 朝  食  8:30~ 9:10
登校完了  8:30 自由時間  9:00~18:00 学習 1  9:00~10:30
昼  食  12:45~13:15 昼  食  12:00~13:00 休  憩  10:30~11:00
入  浴  16:30~19:20 入  浴  16:00~19:20 学習 2  11:00~12:00
夕  食  18:00~19:10 夕  食  18:00~19:10 昼  食  12:00~13:00
学習 1  19:30~21:00 学習 1  19:30~21:00 自由時間  13:00~18:00
休  憩  21:00~21:30 休  憩  21:00~21:30 入  浴  16:00~19:20
学習 2  21:30~23:00

※平常時の土曜は自主学習

学習 2  21:30~23:00 夕  食  18:00~19:10
点  呼  23:05 点  呼  23:05 学習 3  19:30~21:00
消  灯  23:20 消  灯  23:20 休  憩  21:00~21:30
    学習 4  21:30~23:00
    点  呼  23:05
    消  灯  23:20
食事はどのようになっているのでしょうか。

A

日曜・休日含めて、1日3回の食事は、委託業者が栄養士の計画した献立に従って提供しています。

ご飯、みそ汁類はおかわり自由です。毎月1回特別食として,焼きたてのビーフステーキや海老フライとヒレカツなどを提供しています。

なお、お菓子やカップ麺、ジュースの類は持ってきても構いませんが、必要最小限で済ますようにしてください。寮内に飲料の自販機も設置していますし、食堂ではお湯も使用することができます。

定期的に教員による試食会を実施したり、寮生保護者会の会合を持つことにより、寮生の健康状態、食事状況をチェックしています。また、生徒の寮役員の意見も聴取して、常に献立を工夫することによって、寮生が美味しく楽しく食事をとることができるように努めています。

病気の時の対応はどのようになっているのでしょうか

A

昼夜を問わず、学校医の赤磐市国民健康保険熊山診療所を初めとする近隣の医療機関に、寮監が寮公用車で送迎し通院します。診断結果等は早急に保護者の方へお知らせするようにしています。
お小遣い等貴重品の管理はどうするのですか。

A

2000円程度を自己管理しています。それ以上の高額なお金や貴重品は寮事務室で預かります。

学習に関して

寮での学習は、どのような形でするのでしょうか。

A

学習時間は基本的に毎日3時間で、中学生は学習室で、高校生は自室もしくは学習室を各自で選択して,学習に取り組みます。学習室は個々に座席を割り当てています。何れも寮監が巡回、監督していますが、学校の授業に集中して臨めるよう、各自、自分なりに、毎日の予習・復習を中心に、目標・計画を立てて頑張っています。また、学年に応じて,早朝学習、消灯後の延長学習も認めています。
寮では、どのような学習指導があるのでしょうか。

A

学業成績と生活態度とは密接な関係がありますので、規則正しい生活を送るよう寮監が指導しています。一方、兼任寮監が寮に宿泊したり、他の職員も定期的に各寮を訪問し、寮生の悩みごとの相談や各教科の学習方法や質問に答えるなど、寮と学校の間は常に緊密な連絡をとっています。

寮生の声

寮生活を送って

寮は、これまで見えなかった自分を発見する最適の環境であり、人間として成長する絶好の機会が与えられた場です。

多くの人の評価を得て自己を知り、改善すべき点は努力し、一方貫くべき信念は確立することが、将来、社会人として独立していくうえで極めて重要だと考えます。青春の一時期、家庭を離れ、日常生活を快適かつ規則正しく行い、学業の習得と徳性の涵養に努める寮生活・・・・・。

それは、真の英才を育てる豊かな人間形成の場となることを確信します。

中学・男子

岡山白陵中学校の碧翠寮に入って、そろそろ一年が経とうとしている。入るまでは、毎日修学旅行のような日々を送れると期待していたが、とんでもなかった。待っていたのは、今まで自分が体験したことのない、時間厳守の生活だった。

学校で友達がテレビ番組の話をしていて、僕もそれを見たいと思おうが、クラブ活動で疲れて、今日は早く寝たいと思おうが、決められたことをしなければならない。このことは初めはとても苦痛だったが、最近では当たり前のこととなってきた。わずかな自由時間に友達と話をしたり、先輩にいろいろなことを教えてもらったり、楽しいことはいくらでもある。寮監の先生方には細かいことまで注意されるが、共同生活においての身の処し方がわずかながらも分かってきたような気がする。また、掃除や洗濯などは自宅から通っていれば絶対に自分ではしなかったことだろう。それらのことを自分でしてみて、その大変さから親への感謝の気持ちも生まれた。だからたまに帰省したときには親孝行しようかと思う。

しかし、良いことばかりではない。毎日顔を合わせていると、時には感情が衝突することもある。側に誰もいない状態で、一人静かに物を考えたい時もある。そんなことが度重なるとストレスがたまる。けれども、たわい無い会話でそのストレスを解消してくれるのも、また友達なのだ。

寮生でなければ、決して経験できない事がたくさんあるだろう。そして、それらを僕の宝物として、僕の人生に生かして行きたい。

高校・女子

入学してからは、霧の中を手探りで進んでいくような感じだった。まわりを見る余裕も、振り返る暇もなかった。その中で、自分のすべきことがぼんやりとでもつかめたのは、寮に入ったおかげかもしれない。

初めは何をしていいか分からなかった。ほんのちょっとしたことでも心許なかった。そんな時に、寮の先輩がアドバイスしてくれた。とてもほっとしたし、嬉しかった。

寮では、普通に学校で過ごすよりも多くの時間を友達と過ごす。当たり前なのだが、だから仲良くなるのもはやい。今まで家族と過ごしていた時間にすっぽり友達がおさまるような感じだ。悩み事や相談事を親身になって聞いてくれるし、たわいない話でもとても盛り上がる。

寮に入って一番驚いたのは、皆とても遅くまで勉強していることだ。こんなによく起きていられるなぁと思うくらい遅くまで起きている。私も部屋で一人きりだったら絶対起きていられないと思うけれど、周りの雰囲気でなんとか頑張っている。

このように、私の岡山白陵高校に入学してからの大半は寮生活に占められている。私は寮に入って高校生活がとても楽しくなったと思う。普通に通学するのとはまた別の楽しみができたと思う。それに、親と離れて暮らしてみて初めて親の有り難さが分かった。

けれど、私達はこの居心地の良い寮にずっと留まることはできない。それぞれが前へ進まなければならないのだから。これから先、いろいろと悩むだろう。でも相談すればいいのである。寮には悩みを分かってくれる友達がいる。だから、きっと乗り越えられるし、寮生活で苦楽を共にして得た友達はきっと生涯を通じての友となるだろうと確信している。

碧翠寮だより

碧翠寮だより 平成30年

平成30年12月19日(水) クリスマス会

12月19日(水)、寮食堂にてクリスマス会が開催されました。
19時05分から映画観賞会。上映作品は「カメラを止めるな」。
その後、お楽しみのくじ引き大会があり、寮役員を中心に景品を渡し、喜ぶ者、残念がる者、全員が楽しく盛り上がりました。

平成30年11月25日(日) 球技大会

11月25日(日)、学校グラウンドにて碧翠寮球技大会を開催しました。
中1はフットサル、その他の学年はハンドボールを中学の部(中2・中3)と高校の部(高1・高2)に分けて行いました。皆真剣に取り組み、寒さに負けず良い汗を流しました。

平成30年4月22日(日) 中1引率外出

入寮して初めて岡山市内へ外出しました。
中1 18名、寮を出発し、熊山駅より電車で岡山まで行き、駅周辺やイオン岡山を散策し買い物をしました。
初めての外出で緊張したけど、楽しい体験ができました!

平成30年4月21日(土)  避難訓練

平成30年4月21日(土)7:20に「寮裏山より出火、全員速やかに避難しなさい」という緊急放送と同時に寮全員が駐車場に避難しました。
全員避難完了するのに2分30秒、優秀です!

平成30年4月9日(月) 入寮式・昼食会

4月9日(月)入学式終了後、学校体育館において入寮式が行われ、その後、碧翠寮食堂にて、歓迎の昼食会が行われました。
入寮式では緊張した顔つきでしたが、昼食会では緊張もほぐれ、リラックスした表情で食事会を楽しんでいました。
高校生は3年間、中学生は6年間、しっかり頑張ろう!

入寮式風景①
昼食会風景
入寮式風景②
昼食メニュー

茜寮だより

茜寮だより 平成30年

平成30年12月16日(日)  クリスマス会

12月16日(日)に、恒例のクリスマス会を開催し、楽しいひとときを過ごしました。

ホワイトボードに見事なデコレーション
メニュー
カレーピラフ、ポトフ、チキンの照り焼き、デザート御馳走さまでした。
締めはみんな揃って
ハイ チーズ

平成30年6月24日(日) 大掃除

24日の日曜日に、寮生全員で大掃除を行いました。寮生たちは皆で協力して掃除し、よりピカピカの茜寮となりました。

平成30年4月29日(日) 引率外出

茜寮では新入寮生が日常生活を円滑に進められるように、毎年4月の早い時期に熊山・和気・岡山市内の引率外出を実施しています。今年度は15日に熊山・和気、29日に岡山市内の引率外出をおこないました。

4月15日(日)熊山・和気
地元熊山では郵便局やコンビニエンスストアの場所を教え、その後JRで和気に移動。百均ストアー・薬局・スーパーマーケットへ引率しました。

4月29日(日)岡山市内
岡山駅地下に展開する商業施設を見ながらショッピングモールへ行きました

平成30年4月22日(日) 新入寮生歓迎会

4月22日、在寮生による新寮生歓迎会が開催されました。
「私は誰でしょう」クイズや「フルーツバスケット」などを企画し、新寮生、在寮生共々楽しい時間を過ごしました。この歓迎会を通して、新寮生と在寮生の距離も一段と近くなり、新寮生たち、特にこの歓迎会の企画の中心として頑張った、高校2年生たちは寮生の要であるという責任感や、互いの絆をより深めました。

新中学1年生
私たち新入寮生を歓迎するために先輩たちがダンスを披露してくれたり、楽しい出し物をたくさん準備してくれていて、皆さんの暖かさが伝わってきました。私たち新入寮生も頑張れそうです。

新高校1年生
先輩たちの事前の準備が素晴らしく、楽しい出し物で愉快に過ごせました。皆さんの気心もわかって、充実した寮生活の予感がします。ありがとうございました。

平成30年4月15日(日) 避難訓練

4月15日午前8時、「食堂厨房付近より出火、全員直ちに避難しなさい」という緊急放送が流されました。訓練ですから予告は受けていましたが、程よい緊張感のもと、例年実施されている避難訓練が始まりました。みんな真顔で速やかに避難しました。
部屋によって中央階段と非常階段に別れて避難、玄関前に集合して点呼を受けました。今年は避難完了まで3分でした。訓練を通して日ごろから防災意識を高めておくことが必要です。

平成30年4月9日(月) 平成30年度入寮式・歓迎昼食会

4月9日(月)入学式終了後、学校体育館において厳かに入寮式が行われ、その後茜寮食堂にて、歓迎の昼食会が行われました。入寮式での緊張から解き放たれ、和やかな雰囲気の中、新寮生は昼食会を楽しんでいました。

平成30年度、茜寮の新入寮生は、中学1年3名、高校1年2名の5名です。寮生活に早く慣れて楽しくも充実した日々を送ってもらいたいものです。

茜寮に入って、先ずどんな感想を持ったか、新寮生に聞いてみました。

  • 先輩の挨拶が素晴らしいですね。私も、しっかりとした挨拶ができるようになりたいです。
  • 先輩の優しさが嬉しいです。私も、きめ細やかなところに心遣いのできる人になりたいです。
  • 寮に入りわからないことがたくさんあります。先輩に質問したら丁寧に教えてもらえました。有り難うございます。
  • 3年間の寮生活を通して、協調性を身につけていきたいと思います。
  • 女子寮の皆さんはとても優しく、日々の生活だけでなく、学習も楽しくできそうです。

寮長・副寮長から新寮生に向けての一言です。
5名の新寮生を迎えることができて、在寮生みんな喜んでいます。
早く寮生活に慣れるよう、頑張ってください。そのために、わからないことは何でも遠慮なく尋ねてください。何でも教えますよ。
私たちと一緒に、良い寮にしましょうね。

歓迎昼食会の風景です。鶯のさえずりを聞きながらの食事会でした。
新寮生の皆さん、しっかり食べて身も心も大きく成長しましょう。

平成30年2月16日(金) 高校3年生(卒業生)送別会

卒業式前日の夜、茜寮では卒業生を送る会が開かれました。後輩たちはあらかじめ練習していたいきものがかりの「ありがとう」を歌って先輩たちへの感謝を表し、この先の栄光を祈念しました。
寮生たちはおめかしをして生徒からレディに変身していましたが、2人の柔道着姿は目立ちました。
ジュースとお菓子を食べながら先輩たちとの思い出話に花を咲かせました。我が家ともいえる寮でのつき合いは深く心に残るもので、語り尽くせないものがあります。多くの生徒が感激して目を真っ赤に腫らしていました。
卒業生一人ひとりに後輩たち全員のメッセージを綴った色紙が手渡されました。よく面倒を見てもらった後輩たちに心を込めて「ありがとうございました」の思いが綴られていました。
先輩たちに後輩から心温まるプレゼントが手渡されました。ポーチ・マグカップ・メイク用品等々が入っています。大学生になって一人暮らしに役立てて下さいとの思いが一杯つまっていました。先輩たちからお礼と後輩への激励の言葉でお開きとなりました。先輩たちがいなくなるととても寂しくなりますが、残る寮生で茜寮をますます盛り立てていきます。